2005.02.02(水) 
■産卵木交換
 セットから1ヶ月が経過し、先日、交尾を確認したにも関わらず、殆ど材を齧っている様子がないので、本日交換することにした。
 材は昨晩より加水し、乾燥させておいたコナラの細材である。固さはやや柔らか目のものをチョイスした。
 これまでセットしていた材は、同じコナラ材でもやや固目のものであり、同様の材をセットしたトルコ産やフランス産の産卵数が芳しくない(現時点でトルコ産幼虫一匹を回収したのみ)。これに対し、柔らか目の材を仕込んだシリア産の方は、まだ孵化していないが、複数の卵を確認している。本日、材を取り出してみた所、案の定、殆ど齧った形跡が無いので、材質を変えて再挑戦という訳である。

 元々野外採集個体である上に、交尾も確認しているので、材の条件さえ良ければ必ず産む筈である。一応、部屋の温度管理はしているものの、季節的なものもあって産み渋っているだけなのかもしれないが、現時点では国産のオオクワやコクワ等と比べると、材の好みにうるさいような印象を受ける。本日のスロバキア産の材交換をもって、現在飼育中の全ての産地の材が柔らか目のものに更新されたので、どのような結果となるか楽しみである。

スロバキア産INDEXへ