2005.02.16(水) 
■仲睦まじく?
 今日も2匹仲睦まじく、エサ皿のあたりを徘徊していた。
 他の産地の個体の場合、エサ皿の下や、産卵材の下で♂♀一緒に休んでいることはあるが、地表で活動している際は、♂が♀を追い掛けることはあっても、一つ所で仲良さげにしている所は余り見かけないように思う。それに比べ、このスロバキア産のつがいは比較的2匹一緒にいることが多い。

 もっとも、仲睦まじそうに見えるというは、あくまでもこちらの主観であり、彼等にそういう意識があるのかどうかは分からない。単に♀が鈍感で、余り♂の存在を気にかけていないだけなのかもしれないという気もしないでもない。この場合、♂が他産地のように♀を追いかけまわしていても、♀の方が逃げないので、結果的に「仲睦まじそうに」見えるということになろう。
 そもそもクワガタに性格上の「個体差」があるのかとか、昆虫は個の「性格」を有する程度に進化した生物なのかどうかも判然としないが、争うでもなく、2匹一緒にいる姿は、そこはかとなく微笑ましいものではある。

スロバキア産INDEXへ