2005.04.02(土) 
■またまた空振り
 2月2日にセットしたコナラ材を割り出してみた。浅い齧り跡が木口を中心に何ケ所が認められたものの、結局、卵も幼虫も見い出すことはできなかった。

 見落しの可能性もあるので、割りカスは1ヶ月程度保管しておくつもりではあるが、他産地の状況からして余り期待はできないだろう。
 現在簡易温室にて管理している隔離セット組の4産地の結果が良ければ、産卵方法を抜本的に見直すこととなるだろうが、とりあえず、先日ユーロオオクワブリーダー氏から送って頂いた人工カワラ材(写真左)を投入し、様子を見てみたいと思う。かなり実績のある材らしいので、ちょっと期待している。

スロバキア産INDEXへ