2005.05.17(火) 
■割りカスから2匹回収
 先月2日に割り出した材の割りカスを本日チェックしてみた所、割りカスを入れておいたビニール袋の底で蠢く幼虫の姿を発見した。
 早速袋から中身を新聞紙の上にあけ、幼虫を回収した。更に割りカスのチェックを進めていくと、材の中からは幼虫を見つけることができなかったが、食痕と思しきものが見受けられる小片を数本見つけることができた。先程の幼虫がつけたものである可能性もあるが、幼虫がいた箇所からは離れた場所でるので、他にも幼虫がいそうである。慎重に割りカスをどけていくと、新聞紙の上で丸まっている初齢幼虫を見つけることができた。これで2匹回収である。
 2匹とも、昨日のフランス産同様に120ccの菌糸カップにての飼育を試みることとした。

 一通りチェックを終えた所、更なる追加は得られなかった。本来ならこれで割りカスは細かく砕いて幼虫のエサに転用する処理を施すのであるが、2匹とも割りカスの中ではなく、外で見つかっていることから、まだ見落している者がいる可能性が否定できない。更にもう暫く保管して様子を見るとしよう。

 僅か2匹とは言え、2月2日というかなり寒い時期にセットした材から幼虫を得られたということは、ユーロオオクワは適切な環境を整えさえすれば、真冬であってもちゃんと産卵するということではないかと思われる。今度の冬にはしっかりと検証実験をしてみたい。

スロバキア産INDEXへ