2005.06.16(木) 
■人工カワラ材から幼虫&卵回収
 4月2日にセットした人工カワラ材を改めてみた。
 表面を観察するに、マット上に露出している部分には全く齧り跡が見受けられなかったが、マットに埋没している部分と木口とに♀が齧った跡が散見された。しかし、シリア産等のような坑道は見受けられず、表面を齧って穴を穿っているのみである。

 これまでの経験から、マット上に露出している部分に幼虫や卵が潜んでいる可能性は低いので、埋没している下半分のみ割り出すこととした。
 露出している部分との境界付近を割ってみると、明らかに上と下とでは湿度が異なっており、幼虫の食痕も乾いている部分には伸びていなかった。これらのことから、ユーロオオクワには、比較的生態が近いとされるコクワやオオクワの場合よりも、やや湿度を高目に調整した材を与えた方が良い結果に繋がるのではないかと考えている。また、材も保湿の観点からすると、ほぼ完全にマットに埋没させるようなセッティングが良いかも知れない。
 この材の下半分からは、結局幼虫3匹と卵2つを回収することが出来た。小型の♀が一度に産む数としてはこんなものだろうか?

 残ったやや乾燥気味な上半分は、割らずに再セットすることにする。今度はほぼ全体をマットに埋没させることが出来るので、様子を見ながら多目に霧吹をしてマットの湿度を保っておけば、マットから水分を吸収して程良い湿度になるであろう。

スロバキア産INDEXへ