2005.08.08(月) 
■人工カワラ材半身から幼虫回収
 乾燥していて産卵の気配がなかった為に再セットした、6月割出しの人工カワラ材の上半分を割出してみた。
 保湿にはちょっと気を使ってきたつもりであったが、やはり材は乾燥気味である。水分が抜け易い材なのであろうか? この手の材はやや湿度の高いマットで完全に覆ってしまう方がいいのかも知れない。

 無駄かも知れないと思いつつも、一応改めてみると、若干湿り気がある部分に♀が材を齧った跡が見受けられた。ここを中心にざっくりと材を割ってみると、中から2齢幼虫が一匹転がり出してきた。ちゃんと産んでくれていたのだ。
 しかし、その後は割れども割れども幼虫の姿は見えず、回収できたのは結局この一匹のみであった。やはり乾いている材ではダメなようで、材の湿度がユーロオオクワの産卵には重要な条件となっているようだ。

 幼虫は既に2齢となっていたので、200ccの菌糸カップに投入した。

スロバキア産INDEXへ