2005.11.15(火) 曇 最高室温:23.0℃ 最低室温:20.0℃
■幼虫回収
 8/21 にセットした材を割り出してみた。

 ケージの表面から、エサ皿や木片等を取り除いてみると、まずは上の写真左のように、坑道が穿たれているのが目に入った。これは期待できそうである。
 更に材を取り出し、マットに埋没していた部分を見ると、こちらにも坑道の入り口や齧り跡が散見された。しかも坑道の入り口付近には♀が張りついている。ひょっとすると産卵の最中だったのかも知れない。
 齧り跡からやや離れた部分にマイナスドライバーを突き立て、材を割ってみると、早速食痕と幼虫が姿を現した。サイズ的に初齢の後期と思われる。

 割り出しを進めると、材の地表部、埋没部を問わず、万遍なく随所から幼虫を回収することが出来た。それ程太くない材であるので、数は5匹と多くはなかったが、材の保湿は上手くいったようで、実際に割っていても、全体的に程良く湿っているのが分かった。これで太目の材を用いていたならば、もっと多くの幼虫を回収できたことだろう。
 念の為、マットの方も検分してみたが、こちらからは幼虫は出てこなかった。

 回収した幼虫は、5匹中3匹が初齢後期で、2匹が初齢初期と思われる小さな幼虫であった。これから逆算すると、セット直後から先月上旬位にかけてチビチビと産卵していったと思われる。♀が材に入り込んでいたことと、齧り跡の数を考えると、♀に捕食された個体がいたことも想定され、もうちょっと早く割り出すか、材を抜き取るかしておけば良かったかも知れない。

スロバキア産INDEXへ