2006.01.09(月) 晴 最高室温:21.9℃ 最低室温:19.4℃
■F1セット
 産卵セット用のコンテナボックスに空きが出来ている事をすっかり忘れていた事に、一週間程前に気付いたので、ブラチスラビア産F1の為にセットを組むことにした。飼育種&個体数の増加に伴い、どうも最近、この辺の管理がずさんになってきている。空き容器は嫌でも目につくような場所に置く等、ちょっと工夫をしなければならないだろう。忙しくて作業が出来ないというならともかく、忘れてしまうというのは良くない。

 親には今期羽化した個体の中で最大の♂31mm を使うことにする。ブラチスラビア産の♀は大きな個体が出てきていないが、その中でも一番大きい24mm の個体を選んでみた。既に先週から、成虫の管理に用いているスタック・エスの仕切板を外してあるので、既に交尾は済ませていると思うが、念のため、ハンドペアリングを実施し、確実を期す。

 セットはいつもの通りで、φ100mm 程の柔らか目の材(今回はクヌギ)をフジコン・ドルクスフレークで9割方埋め込んである。湿度は材の乾燥防止の為、やや高目にしてある。
 世間ではクワガタにも「大きくなる血統」があるとされているが、私にはイマイチこれがピンとこない。ただ、多くの人が経験則から「血統がある」と言っている訳なので、全く根拠の無い話しとも思ってはいないのだが、果たしてこの♂の子供は親同様に大きくなるのか気になる次第である。
 因みにこの♂31mmは、割出し後4ヶ月とハイペースで羽化した割にこのサイズであるし、兄弟も30mm で羽化してきているので、かなり、「大きくなる素質」を持っているように思う。

スロバキア産INDEXへ