2006.01.22(日) 晴 最高室温:22.8℃ 最低室温:18.4℃
■F1幼虫エサ交換
 昨年11/15 に割出したF1幼虫5匹が、丁度エサの換え頃になった。
 従来は、容器(200ccカップ)は変えずに、新しいマットに詰め替えていたが、今回から試しに、容器をほぼ倍の430ccカップに変えてみた。従来の方法で2回のエサ交換が必要となる個体も、これであれば確実に羽化迄持っていける筈なので、エサ交換のストレスが無くなる分、より大きな個体を狙えるのではないかと期待している。

 もし、これで一定の効果が見られれば、以後、割出し直後は90ccカップに投入し、これを食べ尽くした時点で、400〜500cc程度の容器に投入するという方法を採ろうかと考えている。いきなり大きな容器に入れずに、90ccカップを使うのは、割出し時に弱ってしまった幼虫を選別する為である。
 400〜500ccの容器を使うということは、単純計算でこれまでの倍のスペースを必要とする事であり、その容器にマットを詰める作業も楽なものではないので、スグに落ちてしまう幼虫の為にこれを用意するという無駄は極力省きたい。90ccカップを無事に食い上げた個体であれば、少なくともその時点では健康であると考えられるので、最初の内に弱い個体を振り落としておく事が肝要ではないかと思う。

スロバキア産INDEXへ