2006.05.02(火) 曇後雨 最高室温:25.1℃ 最低室温:23.2℃
■F2幼虫回収
 1/9のセットに幼虫の姿が見えるようになったので、割出してみた。
 まずはマットの検分から。
 外から見えていた幼虫に加え、更にもう一匹を発見。計2匹を回収することができた。材を見てみると、幼虫が中から外で出た跡があったので、恐らくこの2匹は、マットに産卵された卵が孵化したものではなく、材から抜け出してきたものなのであろう。

 材には坑道は穿たれていないものの、胴にも木口にも齧り跡が随所に見受けられ、かなり期待できる状態であった。上述の通り、材の中から幼虫が抜け出た跡もあるので、よもや空振りということは無い筈だ。
 齧り跡だらけなので、迂闊にドライバーを突き立てると幼虫を潰しかねないので、今回は年輪に添って材を一枚づつ剥がしていく感じで割出しを進めていくことにする。一番表面の層の一部を剥がすと、早速幼虫の姿と食痕が現れた。期待通りの展開である。
 以後もほぼ一剥き毎に幼虫が現れ、材からは計13匹を回収。マット分と併せて合計15匹と中々の成果であった。因みに全て初齢である。
 回収した幼虫は、5匹のみ比較の為に発酵マット飼育とし、残りの10匹は菌糸飼育とした。とりあえずGカップの200cc に投入して様子を見、頃合を見て500ccボトルへ移そうと考えている。

 このセットの種親は、ユーロオオクワとしては大型の31mm♂を用いている。しかも半年以下で羽化してこのサイズであるので、「血統論」が根拠のあるものだとすると、♂親の大きくなり易い因子がこの幼虫達にも引き継がれている筈である。果たしてその辺がどう出るのか、幼虫達の成長を注視したいと思う。

スロバキア産INDEXへ