2006.05.21(日) 晴 最高室温:26.3℃ 最低室温:24.3℃
■巨大パラレリ誕生!
 画像BBS にてフランス・パリ在住のえいもん様より、天然極小パラレリ♂(16mm)の投稿があったので、返信に大型個体の写真を貼ろうと思い、確認済みの大型蛹の中から羽化済みの個体はいないか探してみた所、500cc菌糸ボトルにて飼養していたブラチスラビア産F1幼虫が無事羽化しているのを発見。早速掘り出してみた。

 兄弟には、割り出し後半年未満というハイペースで羽化したにも関わらず、30mmに達する個体が2匹も出ており、大型化し易い産地なのでは? という印象を持っていたが、その期待に違わず、それを遥かに凌ぐ巨大個体が現れた。因みに私は、

〜23mm 小型
24〜27mm 中型
28〜32mm 大型
33〜35mm 巨大
35mm〜 超巨大
 と、勝手に定義づけている。
 この個体は、現状の、完全に腹が引っ込んでいない状態で34mmちょっとであり、恐らくは完全に固まって33mm程度になるのではないかと思われる。これはパラレリとしては、かなりイレギュラーな値であり、30mm以下の個体では殆ど目立たない眼上突起や大腮先端の返し状の小歯が認められる(写真右参照)等、「オオクワ」の名に相応しい風貌になってきているように思える。

 現在、500cc菌糸瓶にて試験的に飼育した幼虫達が続々と蛹化〜羽化してきているが、3齢になってから投入したにも関わらず、いずれも中々のサイズの蛹になっているように思う。やはり大容量の容器で飼育した方が、サイズを狙うのであれば有利なのかも知れない。最近採れている幼虫達は、2齢になったあたりで500ccボトルに投入する予定であるので、更なる検証が可能になるだろう。

スロバキア産INDEXへ