2006.07.01(土) 曇 最高室温:29.8℃ 最低室温:26.6℃
■マット飼育F1♂掘り出し&F2幼虫エサ交換

 430ccカップにてマット飼育していた個体の内、2♂♂が羽化したので掘り出してみた。写真左が29.5mm(若干羽化不全)、右が27.5mmである。
 小さくはないものの、200ccカップでマット飼育した場合と大差のない結果で、大型容器を使った優位性は得に感じられない。しかも29.5mmは若干羽バカ気味である。僅か2例で断定することは出来ないし、200ccカップでは出がちであった極小個体にならなかっただけ意味があったとも考えられるが、菌糸の場合との格差は大きいというのが現在の感想である。次回は初齢から大型容器によるマット飼育を試みることで、更なる比較を試みたいと思う。

 また、5/2 割出し幼虫の内、まだエサ交換を行っていなかった個体を500cc菌糸瓶に移した。

 これまでG-POTの200ccカップで育ててきたので、同じ銘柄のボトルで統一したかったのだが、手持ちの在庫数を勘違いしていて数が足りないことが発覚。仕方ないので不足分はフジコンのオオヒラタケ菌床を詰めた500cc瓶を用いることにした。

 この系統は200ccカップ飼育でも半年未満で31mm台が出たし、500cc瓶での飼育では33mm台が2匹出るなど、大型個体続出であるので、先日トルコ産で達成した35mm台も夢ではないと考えている。トルコ産はどうしても腹部が長くなり、間延びした印象となってしまうので、是非欧州産の35mm台を見てみたいものである。