2006.11.19(日) 曇 最高室温:24.0℃ 最低室温:21.5℃
■大型ペア・セット投入
 ブラチスラビア産は同じ飼育方法をとっているにも関わらず、他の産地よりも大型個体が出る率が高いように思う。F1では♂33mmを筆頭に、32mm、31mm、30mmと30mmオーバーが続出しているし、♀も28mm、27mmが出ている。F2では今の所♂は31mm、30mm程度であるが、何と♀30mmを出すことができた。♂のような大腮ナシで30mmであるので、見た目のインパクトは♂33mmオーバーに匹敵するものがある。

 折角雌雄共に「これは!」という大型個体を得ることができたので、累代は異なるものの、F1♂33mmとF2♀30mmでペアを組み、産卵セットに投入してみることにした。
 クワガタ飼育では一般に、大型♀の方がより大きな卵=大きな初齢幼虫を産むので、サイズを狙うのであれば、♂のみならず♀のサイズにも留意すべきとされている。トルコ産パラレリではさして大きくもない♀が運だ卵から、♂35mmが出たので、これは必ずしも絶対条件ではないように思うが、多少なりともその方が有利なのであれば、一応やってみる価値はあるだろう。元々大型個体が出易い傾向がある上に、その中でも特に大きな個体を選んでペアにしたとなれば、未だ欧州産では達成していない35mmオーバーをこれで拝めるかも知れない。

 セットはこれまでと同様に、柔らか目のコナラ材を充分に加水したものをフジコン・ドルクルフレークにてほぼ完全に埋め込んだものである。容器は小プラケ相当のディキャットのHR−2を使用。写真からこのパラレリペアの大きさを感じとって頂けるであろうか?

 室温は20℃以上をキープしているので、気温条件としては産卵してくれる筈であるが、F2♀が今年9月上旬の羽化であるので、♀はこのまま休眠し、産卵は来春以降となる公算が高い。