2007.06.14(木) 雨 最高室温:25.0℃ 最低室温:22.5℃
■F2♂36mm!!
 昨年5/2に割出したF2幼虫の内、500cc菌糸瓶で飼育していた個体の中から、なんと36mmの♂が羽化して来た!
 飼育履歴は次の通り

 2006.05.02 初齢で割出し。G-CUP200ccに投入。
 2006.06.13 フジコン・オオヒラタケ菌床使用500cc瓶に投入。
 2007.05.20 蛹化確認。
 2007.06.04 羽化確認。
 2007.06.13 掘り出し。

 割出しから羽化迄約13ヶ月、500cc瓶に投入してから約12ヶ月で羽化と相成った事が分かる。昨年出したトルコ産35mmも1年以上かけて羽化まで漕ぎ着けたので、やはり35mmを超える超巨大個体を得る為には、ある程度時間をかけてじっくりとエサを食べさせてやる必要があるのだろう。また、500cc瓶という小型種にとっては大型の容器を用いることもまた有効であると言えそうだ。

 さて、この個体は我が家におけるパラレリの最大体長記録を1mm更新すると共に、欧州産としては初の35mmオーバーである。元々、同じパラレリとは言え、欧州産とトルコ産とでは外観の特徴に幾つかの違いがある。具体的には、

 1.トルコ産の方が体色がより黒く、光沢も強い。
 2.トルコ産の方が腹部が伸びる傾向にある。
 3.トルコ産の♀や小型♂の上翅には、縦条がより明確に現れる。

 であるが、3はともかく、1と2は超巨大個体においても顕著に現れていると思う。

トルコ産F2♂35mm
スロバキア・ブラチスラビア産F2♂36mm

 写真左がトルコ産♂35mmで、右がブラチスラビア産♂36mmである。
 ブラチスラビア産の方が体長に比して腹部(上翅)が短く、また体色も羽化後さほど時間が経過していないので、まだ赤味が残っていることを加味しても、トルコ産よりもグレーがかっており、表面の光沢も鈍くなっていることがお分かり頂けるであろう。特に腹部の長さの違いは顕著で、トルコ産は冗長な印象を受けるが、ブラチスラビア産の方は腹部の比率が短い分、よりガッシリとした体格になっており、大腮の太さと相まって(これは単に個体差の範疇と思われる)、小型種としては中々の重厚感を醸し出している。
 これらは、トルコ産35mmが出た時点で、欧州産で同サイズならこうなるだろうと予測していたことであるが、こうして現実に欧州産の超巨大個体を手にしてみると、その格好良さに感慨もひとしおである。

 今、この個体の兄弟達で同程度のサイズに育っているものが続々と羽化している。この個体を上回るサイズが出るかどうかは微妙であるが、ある程度コンスタントに35mm前後の個体を育てることが出来ているならば、これまで試してきた500cc瓶を用いた飼育方法は、超巨大個体を得るために有効であると結論づけることが出来るだろう。