2005.04.24(火) 晴後雨
■幼虫回収!
 割り出しの目安としている「セットから2ヶ月」には一週間程早いのだが、4月、5月の気温の高さを考えるとまず問題はなかろうと思い、割り出しを行った。

 産卵木を取り上げてみると、マットに埋没している部分を中心に坑道や齧り跡が散見され、まずまず期待が持てそうな状況である。
 とりあえず適当な齧り跡に狙いを定め、ドライバーを差し込んでその部分を剥がしてみると、早速食痕が現れ、剥がした材の側に幼虫の姿を発見することができた。これは幸先が宜しい。
 こうして幼虫が見つかると、作業は俄然楽しみなものになる。喜々として材をばらし続けた所、マットに埋没していた部分から幼虫6匹と1卵を回収することができた。
 一旦休憩し、残るマット上に露出していた部分の割り出しに取りかかったが、こちらからは一匹も回収できなかった。表面に産卵痕が認められなかったので、そもそもこちら側には産卵していなかったのだろう。

 さて、まだ見落している卵や幼虫がある可能性は無きにしもあらずであるが、とりあえず6匹+1卵という成果である。こちらは2♀♀いるのに、♀単独で隔離セットを組んだシリア産やトルコ産の1/3以下の数であり、従って、やはり居間の飼育ケージ内の♂♀同居セットでは分が悪いと言えそうである。しかし、マラツキー産の2♀♀の体格はユーロオオクワとしてもかなり小さい部類であり、大柄なシリア産やトルコ産の♀よりも産卵数が少ないのは仕方のないことではないかという気もしないではない。そうすると、隔離セットで比較的良く産卵した理由は、静寂性や照度(隔離セットの方が居間よりも暗くて静か)というよりも、むしろ気温や湿度といった要素の方が大きいのかも知れない。つまり、加温する必要のないこれからの時期は、居間の飼育ケージ内のセットであっても、それなりに産むようになるのではないかという気がしないでもない。
 現在、トルコ産♀は居間の飼育ケージ内で飼育している。この飼育ケージ内の産卵木から、隔離セットであげた27匹という成果に近い数の幼虫を回収できたとすれば、産卵させるにあたって一番気を付けなければいけないことは、気温と湿度のコントロールであると言えるのではないかと思う。

スロバキア産INDEXへ