2005.04.26(木) 
■産卵木交換
 先日割り出した材に代る新しい材をセットした。今度の材も前回に引き続き、クヌギ材である。柔らかさもほぼ同程度である。前の材ではそこそこの成果が上がったので、また同じ位は産んでくれるのではないだろうか?
 これから気温や湿度や上がる一方である。夏を迎えることが産卵状況にどのような影響を及ぼすのか注視していきたい。ヨーロッパの気候を考えると、日本の夏は彼等には少々厳しいであろう。気温や湿度をどの程度にコントロールしてやるべきかについても考えていきたい。

スロバキア産INDEXへ