2005.07.24(日) 
■産卵木割出し&エサ交換
 セットから約2ヶ月が経過したので、5/26セットのクヌギ材を割出してみることにした。
 芯の無い、柔らか目の材を選んでおいたので、材を崩さずにケージから取り出すのに苦労したが、スプーンで周囲のマットを崩しながら取り出してみた所、木口を中心にかなりの数の齧り跡が認められ、また、坑道も見える範囲で2本は穿たれていた。過去の例からすると、中々に期待できそうな状況である。

 まずは適当な所で材を2つに割ってみる。早速幼虫の食痕が現れ、その先端部分に初例後期と思しき幼虫の姿を発見することが出来た。
 次に♀が穿った坑道に沿って材を割って行く。途中で木屑の中に1♀が潜伏しているのを発見したので、これを摘み出し、更に割出しを続けて行くと、幾つかの食痕を見つけることが出来た。が、これらの食痕をいくら追い掛けてみても幼虫の姿は現れない。食痕は材の表面には見受けられなかったので、材から抜け出した可能性は低いと思われたが、念の為、マットも検分してみた。スプーンで少量づつマットをすくって調べてみたが、幼虫の姿は影も形もなかった。
 気を取り直して再び材の割出しに取りかかったが、結局幼虫は最初に見つけた一匹以外に回収することは出来なかった。そこそこの数を回収できた前回と比べて、条件にそれ程の違いは無いし、食痕自体は幾つか走っていた訳であるから、これは成虫に補食されてしまったと考えるべきかも知れない。やはり以前のように、セットしてから1ヶ月程度で材を取り出した方が無難であろうか?
 回収した幼虫は、とりあえず発酵マットを詰めた120ccの容器にて飼養することにする。

 さて、先日発注した200ccのオオヒラタケ菌糸カップが届いたので、エサ交換が必要な各産地の幼虫達の一部をこれに投入することにした。マラツキー産は全数投入である。
 途中でエサの質をガラリと変えるのもいかがなものかという気もするが、初齢の段階で菌糸に投入すると、菌との相性もあるのだろうが、菌に巻かれて死亡してしまう事が多々あるので、ある程度育てて、体力をつけてから投入した方が無難であろうと思う。ただ、南仏産やブラティスラビア産の幼虫の一部は、材から回収した時点で同じ銘柄の菌糸カップに投入しているが、今の所皆順調に育っているので、案外この菌糸カップはユーロオオクワとの相性は良いのかもしれない。もうちょっと様子を見て、途中で落ちる幼虫が余り出ないようであれば、最初から菌糸カップによる飼養に切り替えてみようかと思う。

スロバキア産INDEXへ