2005.09.30(金) 曇時々晴 最高室温:27.0℃ 最低室温:25.0℃
■いつの間にか羽化
 今日、5〜6月割出しの幼虫の様子を見ていると、マラツキー産F1幼虫の入った200cc菌糸カップの表面に、一匹の♀が這い出ているのを見つけた。どうやら気付かぬままに蛹化〜羽化〜成熟し、活動を始めてしまったようだ。

 このカップ、蓋をして目一杯の所まで中身が詰まっているので、羽化した成虫が自力で這い出してこれるのかどうか、かねがね気になっていた。写真に見えるカップの状態から推察するに、一旦蓋にぶつかるまで這い登り、その後、カップ外周に沿って出口を求めてグルグルと掘削しながら歩きまわったようで、カップ中央部分を残して、表面の白い菌の膜が削り取られている。

 さて、この個体は5/24 割出しで発酵マット飼育し、7/24に菌糸カップに投入したものである。既に成虫となり活動を始めてしまったことから逆算して、羽化は8月末〜今月頭頃であろう。と、なると、菌糸カップに投入された途端に蛹化をはじめた可能性が高い。
 実際にこの個体は21mm と小型であり、どうやらエサの質をガラリと変えたことが引き金となって、早期に蛹化させてしまったようだ。

スロバキア産INDEXへ