2005.11.26(土) 晴時々曇 最高室温:22.5℃ 最低室温:19.9℃
■F1・25mm♀羽化
 5/24 に卵で回収し、6/25 に孵化を確認した幼虫が成虫になっていた。
 昨日、7/20 回収のムシモン幼虫が成虫となり、活動を始めていたのを確認したので、7月以前に回収したユーロオオクワ幼虫の内、外から様子が伺えないもののチェックをしていた所、マラツキー産でも蛹室内に留まる♀を一匹発見した。

 孵化後約半年という、ほぼ順当なペースで成長したせいか、体長25mm強と、♀にしては割と大柄な個体に成長していた。5/24 に初齢で回収し、9/30 に活動開始を確認した個体(3ヶ月程度で羽化したと考えられる)と比べると、その差は歴然である。
 恐らく、エサ交換をした7/24 の時点で、この個体は孵化が遅れた分、成長も遅れていたので、エサ交換によるショックで蛹化するに至らなかったのであろう。ただ、5/24 に初齢で回収した幼虫でも、未だ蛹化に至らない個体もおり、やはり9/30 に発見した成虫は、他の個体と比べて格段に成長が早かったのだと思う。
 クワガタ類では種の保存戦略の一つとして、一部は敢えて小型個体として早期に成虫となる場合あると言われている。これは成虫になる時期をずらす事によって、競合を避けたり、何らかの要因で一気に全滅するリスクを減らす等の理由があろうかと思われるが、9/30 に見つけた小型♀は、そうした個体であるのかも知れない。

スロバキア産INDEXへ