2006.06.05(月) 曇 最高室温:26.1℃ 最低室温:25.0℃
■F1・31mm♂羽化!
 5/16に羽化した1♂を含め、先月羽化を確認したマラツキー産F1成虫を掘り出してみた。中でも♂は、羽化確認時にも大型だとは思っていたが、本日計ってみた所、31mmちょっとと、まずまずのサイズであった。ブラチスラビア産33mmオーバーには及ばないが、200cc菌糸カップで育てた個体としては最大級の結果である。と共に、1年かけても(この個体は2005.06.14回収)33mmには届かないという点で、200cc菌糸カップによる飼育の限界を感じた次第である。

 ♀は2匹を新たに加えることになったが、27mmと25mmと中々のサイズである。500ccボトルで育てて本日掘り出したニタラ産の結果(ニタラ産飼育観察ノート2006.06.05参照)と同程度であるが、1年かけてもこの程度という見方も出来るかも知れない。