2006.09.17(日) 曇後雨 最高室温:27.0℃ 最低室温:25.3℃
■最後のF1幼虫回収
 既にF1幼虫は累代に必要充分な数が得られているので、WD成虫は飼育ケージにて纏め飼いしていた。ケージの中には一応、足場も兼ねてコナラ材を入れてあったので、念の為、割出してみる事にした。

 材は写真のように既にボロボロ。食痕だらけという状態であった。
 しかし、出てきたのは3齢幼虫が一匹のみ。恐らく産卵数自体はもうちょっとあったのだと思うが、半年以上放置していた間に成虫に捕食されたり、幼虫同士の争いで淘汰されてしまったのであろう。つまり、この幼虫は兄弟姉妹の中で最も運が良く、最も強い個体であると言えよう。

 成虫は残念ながら全て死亡していた。購入後1年以上経っているので寿命であろう。従ってこの幼虫が最後のF1幼虫という事になる。マラツキー産もこれで完全に代替わりとなった。