2005.03.20(日) 
■ニタラ市産幼虫
 ユーロオオクワブリーダーの方から、フランス・パリ近郊産、イタリア・チェゼーナ産と共に、スロバキア・ニタラ市産の幼虫を分けて頂いた。これでスロバキア産は2産地である。スロバキアは国内に入荷するユーロオオクワ各産地の中でも、かなりマイナー(滅多に見かけない)な部類であり、ブラチスラビア産を入手できただけでも満足すべき状況であると言える。そんな国の虫が2産地も揃うことになるとはこれまで想像もしていなかった。
 恐るべしは、このブリーダー氏である。多分、飼育しているユーロオオクワの産地数に関しては、この方の右に出る人は国内に存在しないのではないかと思う。そうそう頻繁に入荷する訳でも、多くの人が飼育している訳でもない種を、ここまで集めた熱意には頭が下がるとしか言いようがない。

 イタリア産の所でも書いたが、キノコ嫌いな私は、これまで菌糸ビン飼育は敬遠してきた。しかし、種類にもよるとは言え、幼虫飼育の王道と言えば菌糸ビン飼育であろう。単に虫を大きく育てるということ以外にも、エサの劣化の具合や交換時期が見た目でも分かり易い等、管理上のメリットもあるそうだ。いずれにしろ、王道を知らずして、この道を語ることはできなかろう。折角の機会であるので、菌糸ビン飼育にトライし、マット飼育の場合との比較などもしつつ、見識を広げてみようかと思う。

スロバキア産INDEXへ