2005.07.11(月) 
■成虫掘り出し
 2週間程前から羽化が始まっていたのは分かっていたのだが、一つの瓶の中で羽化した個体と未だ蛹の状態のものとが混在していたので、全てが羽化するまで掘り出しは控えざるを得なかった。先週末には最後の一匹が羽化し、その個体の体も半ば固まってきたようなので、思い切って掘り出してみることにした。

 2本ある菌糸瓶の内、まずは一本目。容器上方に蛹室があり、スプーンで2掻き程でその蛹室に達した。中から出てきたのは比較的大柄な♀であった(写真左)。もう一つの蛹室は瓶の底の方にあるので、♀を回収した後にスプーンで一気に掘り下げる。ニタラ産を譲って下さった方の話しによれば、一瓶に2匹づつ入っているとのことであるし、底の蛹室には瓶の素材が半透明なため、性別迄は確認できないが、未だクワガタが蛹室内に留まっていくことは確認できているので、ザクザク掘り下げて行っても別の個体を潰す恐れはない。
 蛹室に達する2歩手前で一旦手を止め、そこからは慎重にスプーンとマイナスドライバーで削って行き、蛹室の壁を崩して行った。中から現れたのは20mm台前半位と思われる小柄な♂であった。残りの菌糸カスを全て掻き出した後に2本目に移る。

 2本目も瓶の上の方に蛹室が一つ認められる。やはりスプーン2掻き程で蛹室の天井を崩すことが出来た。中には先程のものよりはやや大きい、体長23〜24mm程度の♂が潜んでいた(写真右)。
 さて、この♂を回収し、作業を続行したいのであるが、この瓶の底の方に蛹室めいたものが2ケ所見受けられる。一つは一番最後に羽化した個体が入っていた部屋であり、明らかに中に虫がいるのが分るが、もう一つの方は壁面が汚れているためにそこまでは確認できない。上述の通り、一瓶に2匹づつの筈なので、こちらは蛹室ではなく、幼虫の食痕の一部がたまたま蛹室風に見えるだけなのかも知れないが、幼虫が体液を出して壁を固めたような痕跡も見受けられるので、どうにも蛹室に見えて仕方がない。そこでまずはこの部分に向かって掘り下げて行き、真偽の程を確認することとした。
 該当箇所スプーンが到達すると、次の一掻きでボコっと穴が開き、中から20mm台後半と思われる比較的大柄な♂が姿を現した。やはり蛹室だったのだ。もう一方の蛹室からは一番最後に羽化した、まだ上翅が赤味がかった状態の♂が出てきた。こちらも20mm台後半クラスの個体だ。従って、この瓶には最初から3匹が入っていたことになる。

 結局2本の菌糸瓶から4♂♂1♀が回収できた。もう一匹♀がいたならばモアベターであるが、多分、初齢の段階でこの瓶に投入していると思われるので、性差にバラツキが生じるのは仕方のない所であろう。一番大きな♂とペアにして累代を試みてみたい。

 改めてニタラ産の新成虫達を眺めてみると、小柄な個体もおり、必ずしも菌糸瓶を用いれば大型化するという訳ではないらしいが、平均値としては確かにマット飼育よりも大き目のサイズに育つ可能性が高いようである。今後も菌糸瓶飼育は継続していきたいと思うが、キノコ嫌いな私にとっては、本日の掘り出し作業は、たちこめるキノコ臭と、こみあげる吐き気を堪えながらの苦行に近いものであった。聞く所によると、胞子を大量に吸い込むと喘息や気管支炎を起こす場合もあるそうなので、次回からは防塵マスクか、防毒マスク(以前購入した西独軍用のものが何故かあったりする)を装着して作業しようと思う次第である。これなら臭いもかなり緩和されるであろう。

スロバキア産INDEXへ