2005.09.05(月) 
■コナラ材から幼虫14匹
 昨晩、マットの中で蠢く幼虫の姿を発見して驚いた。
 ニタラ産成虫は6月下旬〜7月上旬にかけての羽化で、セットを組んだのは7/17 である。
 成熟するのに1〜2ヶ月はかかると読んでいたので、割出しは10月か11月になると思っていたのだが、既に幼虫が孵化していたのである。

 チェコ・フルボッカ産成虫も羽化後、やたら早く産卵に及んだが、こちらは♂♀共に小柄な個体であったので、小さい分、成熟も早かったのだろうという気がしていた。しかし、今回用いたニタラ産のペアは、♂が27mm位あるし、♀もユーロオオクワとしては比較的大柄な個体であり、決して小さくはない。逆算すると、羽化後半月程度で交尾〜産卵に及んだと考えられるので、成熟するのに必要な期間は体格とは余り関係ないのかも知れない。むしろ気温等が関係してくるのだろうか?

 さて、いずれにせよ、孵化しているからには回収しなければならない。
 まずはマットから検分である。昨晩目撃した個体を含め、マットからは4匹の幼虫を回収できた。マットから見つかる数としては比較的多目であるし、材の表面に食痕らしきものが認められなかったので、この4匹は材ではなく、マットに産みつけられた卵が孵化したものではないかという気がしないでもない。そうでなければ、木口に産みつけられた卵から孵化した個体が、マットに抜け出たものであろうか。

 次にセットしたコナラ材を割出す。木口や胴に何ケ所か齧り跡が見受けられるので、そういった部分を中心に、割出してみる。次々と初齢幼虫が姿を現し、こちらからは計10匹を回収できた。マットから回収した分と併せて14匹であり、これは、まずまずの結果であろう。
 結局、クヌギかコナラかといった事はユーロオオクワには余り関係がなく、樹種よりはむしろ、材の湿度や硬さといった面が重要と言えそうである。また、居間の飼育ケージ内におけるセットであるので、気温や湿度の高い夏場であれば、必ずしも隔離セットを組んで物置部屋で安静にしておく必要もないのかも知れない。

 回収した幼虫は、とりあえず発酵マットを詰めた90ccプリンカップに投入した。
 ニタラ産は菌糸育ちである。菌糸で育った親の子は、菌糸で良く育つという話しを良く耳にする。これが確かなら、この幼虫達は菌糸飼育への親和性が高いと思われるので、2齢になった所で菌糸カップへ移そうかと考えている。理屈はイマイチ良く分らないのだが、クワガタは親から子へ、成長するのに必要なバクテリア類を引き継がせるそうなので、多分、その辺が関係しているのだろう。菌糸で育った親が産卵時に引き渡すバクテリアは、菌糸から栄養素を吸収するのに適した種類のものであるということであろうか?

スロバキア産INDEXへ