2005.10.01(土) 晴 最高室温:27.9℃ 最低室温:25.1℃
■菌糸カップに幼虫投入
 9/5 に割出した幼虫を200ccの菌糸カップへ投入した。
 一匹だけ死亡してしまっていたが、残りの幼虫達は全て初齢後期〜2齢初期に育ってくれていた。

 これまでは2齢後期〜3齢初期になってから菌糸カップへ投入することが多かった。これだと幼虫を収めるために結構大きな穴を掘ってやらねばならず、しかも面倒な割に、エサの質がガラリと変わることでショックを受けて早期に蛹化してしまったりと、効果に関して疑問な点が多かったのだが、初齢後期〜2齢初期で投入するとなれば、そういった心配は無用であるし、穴もスプーンでちょろっと掘ってやる程度で充分なので、作業も楽である。やはり菌糸飼育するなら、早い段階でそうした方が良いのかも知れない。

 穴はこれまで、菌糸カップの中央部分に、マイナスドライバーを使って掘っていたのであるが、先日、近所の100円ショップで、枝の長い小型のスプーンを購入したので、今日からこれを使って掘ることにした。マイナスドライバーのように、一撃で深度を稼ぐことはできないものの、穴の径や深度の微妙な調整が出来るし、全般により少ない力で作業できるので、こちらの方が良いようだ。幼虫を移し換えるのにも便利である。

スロバキア産INDEXへ