2006.01.21(土) 雪 最高室温:21.5℃ 最低室温:17.4℃
■G-pot 投入
 昨年10/1 に200cc菌糸カップに投入した幼虫達が、ほぼエサを食べ尽くしたようなので、エサを交換することにした。
 今迄は、同じ200cc菌糸カップに投入していたのだが、今回はイタリア・チェゼーナ産同様に、500cc菌糸瓶へと投入することにした(チェゼーナ産飼育観察ノート2005.12.17 参照)。

 勿論、500cc 瓶を用いた飼育は、エサの交換回数の削減と、幼虫にエサを充分に採らせることが主目的であるので、今更やっても、効果の程は期待できないのであるが、今から蛹化する迄に消費するエサの量を見ることで、本当に500cc で良いのかどうかを確かめてみたいと考えている。
 更に、チェゼーナ産の場合は、200cc 菌糸カップと同じ銘柄(フジコン・オオヒラタケ菌床)の500cc 前後の容量の菌糸瓶が、製品ラインナップの中に無いので、菌糸ブロックを崩して、空き瓶に詰め直したのだが、キノコ嫌いな私にとって、これは地獄のような作業であった。特にこの銘柄にこだわりがある訳でもなく、次からは既製品の500cc 前後の容量の菌糸瓶を見繕って使うようにしようと考えていた所であったので、今回は新しい銘柄の菌糸瓶を使ってみることにした。

 各社から色々な銘柄の菌糸瓶が出ているが、意外と500cc 程度のものがラインナップされているものは少ないようだ。それでも幾つかの銘柄をピックアップすることが出来たが、価格の手頃さ、入手のし易さから、フォーテックのG-pot 550cc を選んでみた。フジコンの菌床とは、オガの種類、キノコ菌種が異なるが、近所の昆虫専門店のみならず、普通のペットショップでも取り扱っている点が魅力である。この、「近所で買える」というのは、かなり重要な要素で、私のように、比較的無計画な飼育をやっていると(というか、計画しても、中々その通りにいかない)、突発的に、とある飼育資材が必要になるということが多い。そんな時、仕事帰りにブラっと寄れる所で入手可能なものでないと、更に計画というか、予定が狂ってしまう事にもなりかねないのである。また、G-pot は、オオクワ系では、「大型個体が出る」と昔から定評があるし、持ちも良いようなので、その点でも期待大である。

スロバキア産INDEXへ