2006.05.26(金) 曇 最高室温:25.3℃ 最低室温:24.3℃
■F2×1♂2♀♀羽化確認
 1/21にG-Pot550ccボトルに投入したF2幼虫達の様子を見ていた所、一つのボトルの壁面に、ボトルの底から口の方に向かって食痕のようなものが出来ているのが見えた。もしやと思い蓋を開けてみると、♀の成虫が表に出て徘徊していた。どうやらいつの間にか羽化していたらしい。菌糸飼育の場合、幼虫の食痕が見えて便利な場合も多いのだが、外からは余り食痕が見えないような食べ方をする場合も少なくなく、そうした場合は、こうして突然成虫と対面することとなる。

 他のボトルもチェックしてみると、2本程、似たような状況のボトルがあり、蓋を開けてみるとそれぞれ1♂1♀の成虫がやはり歩いていた。既にこうして活動を開始している所を見ると、今月上旬位には羽化していたようだ。晩夏〜秋にかけて羽化した場合と異なり、この時期に羽化した個体は活動を始める迄の期間が短く、1ヶ月以内に大抵の個体は摂食開始する。晩夏〜秋羽化の個体だと、そのまま気温や湿度等がある一定の条件を満たす迄(具体的な条件は不明)は休眠するらしく、例え人工的に掘り出したとしても、中々産卵には及ばない傾向にあるように思う。

 さて、これらの個体は、「大きな容器で育てた方が大型化するのでは?」という考えの元、羽化迄に必要とされる平均的なエサの量と思われる500cc程度の容器に投入してみたものである。但し、3齢になってから投入したので、本格的にサイズを狙うというよりは、本当に500cc程度の容量で良いのか、エサの消費量から判断するのが主な目的であった。同様に3齢になってから500cc瓶に投入したブラチスラビア産は2♂♂が33mm台という巨大個体として羽化したので、この方法が大型個体育成に適している事が推察されるが、今回のニタラ産のエサの消費量を見てみると、底部1/3程度は食べているようであり、初齢から投入していたとするならば、やはりこの程度の量で丁度良いのではないかと思われた。
 因みに得られたニタラ産♂は28mmと、まあまあのサイズであり、♀も25mm程度と決して小さくはないサイズであった。ブラチスラビア産程顕著な効果は現れていないが、これは幼虫の投入のタイミングの問題もあると思われるので、引き続きこの方法を試し、大型化に効果があるのか検証をしてみたい。