2007.06.24(日) 晴時々曇 最高室温:25.5℃ 最低室温:23.0℃
■F2産卵セット
 タイリクツノボソやムシモンに気をとられていて、すっかり後回しになっていた、パラレリ各産地のセットを再開した。まずは手始めにスロバキア・ニタラ産から。
 3♂♂6♀♀いた筈のF2成虫は、2♀♀死亡してしまったのを記録し忘れていたらしく、数えてみたら3♂♂4♀♀となっていた。しかも、管理が悪かったのか、フ節がとれてしまっている個体もいて、余り先が長くなさそうであり、このタイミングでセットをする気になって良かったと思う。
 どの個体も未だペアリングを済ませていないので、これを1♂2♀♀のトリオと1♂1♀のペア×2に分け、3つのセットに投入した。まあ、通常なら、3つも組む必要はないのだが、大分擦り切れたような個体が多いので、保険を兼ねて、組めるだけ組んでおこうと考えた次第である。

 セットは従来通り、軟らか目且つやや太目のコナラ材をフジコン・ドルクスフレークで9割方埋め込み、材/マット共に湿度を高目としたものである。今迄色々なセット方法を試してみたが、このセッティングが一番成功率が高いし、材だけでなくマットに産卵する可能性も高まるので、回収できる幼虫の数も多目となる。
 3セット共に爆産となると、それはそれで処置に困る面もあるのだが、採れずに悩むよりは、精神衛生上宜しい筈である。