2004.12.04(土) 晴後雨 最高気温:℃ 最低気温:℃
■シリア産ユーロオオクワ
 以前より目をつけていた、近場のクワガタ店で売られているシリア産のユーロオオクワを本日購入することにした。
 車を飛ばし、30分程で到着。店に入り、外国産オオクワコーナーを見ると、そこに目当てのシリア産ユーロオオクワが2ペア在庫されていた。
 容器を取り上げて覗いてみた所、♀が一匹、マットの上でひっくり返ってもがいているものの、他の3匹はマットに潜っていて姿が見えないので、お店の方にお願いして、中身を見させて頂く。
 お店の方から、この虫の元親をシリアで採集した際のお話等を伺いつつ、蓋を開け、マットをほじくっていると程無く♂が姿を現した。ユーロオオクワとしては比較的大柄で、30mm位はありそうであった。
 ぱっと見には、他の産地の個体と顕著な違いは無いように思われたが、しげしげと観察すると、原名亜種と比べて光沢が強く、体格も細長い印象である。複眼後方の突起もより発達しているようだ。
 一方、♀の方は原名亜種とは顕著に異なり、上翅に明瞭な点刻列が現れており、国産オオクワの♀を小さくした雰囲気である。トルコ産も原名亜種と比べると点刻列が明瞭であったが、シリア産は更にはっきりしているように思う。

 シリア産のユーロオオクワは、Dorcus parallelipipedus var. reichei (Ganglbauer, 1886) と変種として記載されている。変種というのは、亜種の一歩手前の分化の段階で、国産ミヤマのエゾ型とかフジ型とかがこれに当る。亜種と異なり、複数のタイプの個体が同所的に分布しているのが特徴である。
 シリア産の場合、♂よりも、♀の方に上翅の点刻列という際立った違いがあるので、♀を基準に調べた方が早いと思われるが、どこかで、上翅に点刻のある「レイチェ型」(元はドイツ語だと思われるので、「ライヒェ型」か?)と、点刻列のないタイプが混生しているのであろう。シリアの個体で記載されたということは、シリアでも混生しているのであろうか?
 今後、点刻列のある「レイチェ型」の分布域を調べ、点刻列のない「標準型」とどのあたりで混生しているのか、調べてみたいと思う。

 帰宅後、帰りがけに調達してきたガラス水槽をセットアップし、ユーロオオクワ達を解き放つ。セット内容はトルコ産、フランス産と全く同じである。
 暫くケージ内をウロウロした後に、一度は全員マットの中へと姿を隠したのであるが、暫くすると、2匹の♂が再び這い出てきて、エサ皿のゼリーをチューチューしだした。
 トルコ産は明るい内に姿を見せるようになるまで2週間程かかったし、フランス産は未だに明るい内には姿を見せないので、シリア産のこの行動には少々驚かされた。

 明るい内に活動するか否かが、産地によるものなのか、個体の成熟度によるものなのかはまだ良く分からないが、野外採集品のフランス産が、明るい内には全く姿を現さない所を見ると、やはり産地によって生態に違いがあるという可能性の方が高いような気がする。
 ま、今日はたまたまという事も考えられるので、シリア産が本当に明るい内に活動するのか否か、暫く観察を続けてみよう。