2004.12.11(土) 晴 最高気温:℃ 最低気温:℃
■シリアも穴掘り
 トルコ産ユーロオオクワは、飼育開始後すぐにマットを掘りはじめ、トンネルだらけにしてしまったのであるが、シリア産も現在活発にトンネルを構築中のようだ。
 見ていると、昼夜関係なく、マット表面に散布している木片があちこちでモコモコと動き、時折、ケージのガラス面に姿を現すようになった。

 現在、このような行動を見せているのはトルコ産とシリア産だけである。イタリア産は単にケージが狭い(大半は産卵木が占有している)だけなのかもしれないが、フランス産はトンネルを掘らずに、4匹纏まって、産卵木の下に潜んでいるだけである。
 従って、フランス産のケージの様子はセットした時から殆ど変わっていないのであるが、トルコ産とシリア産のケージは、掘ったトンネルが所々で崩落したり、ユーロオオクワ自身が出口として開けた穴等で、表面がボコボコになっている。また、そうした穴に転倒防止用の木片や樹皮が落ち込んだりして、そこはかとなく荒涼とした雰囲気になってしまっている。

 こうした行動の差は、単なる個体差なのか、亜種や変種特有のものなのか良く分からないが、♀の背中に点刻列が現れる産地に限って、激しくトンネルを掘るというのは、何となく意味有りげに思える。野生の個体ではどうなのであろうか?

 それから、やはりシリア産の個体は、明るい内から表面に出てきて、エサを食べたりしているようだ。トルコ産やイタリア産も同様であるが、フランス産は一向に表に出てくる様子が無い。
 トンネルを掘らない(=余り活動しない)点を考え合わせると、フランス産の方が、より高い気温で冬眠体勢に入ってしまうのか、より早い時期から冬眠を始めるのかも知れない。
 元々の生息環境を考えると、緯度の高いフランスの方が冬の訪れが早い筈である。従って、トルコや南イタリア、シリアといった南方の産地の個体よりも、冬眠の開始も早い筈である。
 シリアやトルコの個体が、フランス産と異なり、昼夜を問わず活発に活動しているのは、単にまだ冬眠のスイッチが入っていないということなのかも知れない。

シリア産INDEXへ