2004.12.17(金) 晴 最高気温:℃ 最低気温:℃
■カビが消えた!
 産卵木はいつも樹皮を剥いた状態で使用している。これは、♀が産卵のために木を齧る際に、余計な労力を使わせないようにするための配慮であるが、一方で、樹皮を剥いた状態であると、表面にカビが盛大に発生し、半日放っておこうものなら、産卵木が白いホワホワで覆われてしまうというデメリットもある。
 勿論、デメリットとは言っても、これはあくまでも人間にとっての「見た目」の問題であり、クワガタにとっては別段気にするべき事柄ではない。従って、カビるに任せて放置しておいても良いのであるが、やはり、こう、白いホワホワは見た目にも気色悪いので、私は一応、毎日ホワホワを拭き取ることにしている。

 所が不思議なもので、このホワホワ、大抵の場合、ある日を境にパタっと出てこなくなるのである。実はこれ、クワガタが産卵木を齧り始めた合図なのだ。
 野生のクワガタは大抵、カビだのキノコだのが生えるような環境で生活しているし、そもそも幼虫時代はそういった菌類によって腐朽した材を食べて生きているのだから、体内には菌類を分解する物質を当然備えているであろうことは、容易に想像できる。そういう物質を持った生物が産卵木にとりつき、齧り、内部に侵入することによって、カビはそれまでのように激しく繁殖することが出来なくなるというメカニズムなのであろう。
 いずれにせよ、クワガタが木を齧り出すと、カビは消えるのである。
 そして、ここ数日、シリア産ケージにセットした産卵木から殆どホワホワが出てこないようになった。
 良く見てみると、産卵木の周辺に新しい削りカスが堆積している。上の写真に見える、白っぽい部分がそれである。シリア産ユーロオオクワが産卵を開始した見て間違いないだろう。いつものパターンだと、もう暫くすると、緑色のカビも次第に消えていく筈だ。そして、カビがあらかた消えてから一ヶ月程経過すると、卵から幼虫が孵化する頃合となる。

シリア産INDEXへ