2004.12.22(水) 晴 最高気温:℃ 最低気温:℃
■エサ皿グルグル
エサ皿の縁を周回中
 本日帰宅して、シリア産ケージを覗いてみると、♂が一匹、エサ皿の縁にへばりつき、周囲をグルグルと巡っている所であった。暫くグルグルと闊歩していたのであるが、やがてエサ皿の上に登り、ゼリーカップに頭を突っ込んでエサを食べはじめた。
 私も一旦夕食を採ることとし、食後改めて覗いてみると、そいつはまた、エサ皿の周囲をグルグルと巡っていたのであった。

 シリア産がエサを食べる所を見たのは、これが始めてであるが、エサを食べる前後にエサ皿の周囲をグルグルと回るのは、一体何のためであろうか?
 似たようなことは、コクワやダイオウヒラタもやっている。彼等も食事の前後に、良くエサ皿の周囲をグルグルと回っている。回って、食べて、また回って、食べての繰り返しである。メスを探しているとか、敵がいないかどうか見ているとかであろうか?

シリア産INDEXへ