2004.12.25(土) 晴 最高気温:℃ 最低気温:℃
■交尾確認!
 本日夕刻より、シリア産ユーロオオクワの動きがいつも以上に活発になってきた。
 ♀がケージ内を徘徊するようになり、産卵木の手前に掘削されたトンネル出口付近では♂同士がケンカをしはじめた。
 夜11時に改めてケージを覗いてみると、幸いにも交尾している所を目撃することができた。
 ユーロオオクワの交尾を見るのは、これが始めてである。

 2匹は写真のように、暫く尻と尻をじっとくっつけていたが、やがて♂の方が離れて行き、交尾は終了となった。♀は暫くその場に留まっていたが、5分程するとノソノソと動き出し、再びケージ内を徘徊しはじめ、登り木を登ったり降りたりした後にマットの中へと潜って行った。この調子でバンバン卵を産んでもらいたいものである。

 一週間程前から♀が産卵木に坑道を穿ちはじめているので、2匹いる♀はいずれも、それ以前に一度は交尾を済ませていると思われるが、こうして実際に現場を見ることができて良かった。ただ、気になるのは、産卵木に坑道を穿っているのは、今の所、シリア産だけだという点である。確かに他の産地よりやや柔らか目の材をセットしてあるのだが、極端な差はないように思われる。
 トルコ産やフランス産は、材を取り出してみると、マットと接している面に♀が齧った跡が幾つも見られる。これも通常、「産卵痕」と呼ばれ、これはこれで産卵している可能性があるのであるが、ちょっと心配になってきた。ひょっとしたら、齧って穴を掘ってはみたものの、イマイチ気に入らなかったのではないだろうか? それとも材の固さによって、産卵方法が異なるのであろうか?

 フランス産もトルコ産も、材をセットしてからぼちぼち1ヶ月が経過するので、次は柔らか目の産卵木をセットしてみて、どういう行動にでるか、様子をみてみようと思う。

シリア産INDEXへ