2004.12.29(水) 雪 最高気温:℃ 最低気温:℃
■坑道掘削絶好調
 本日、帰宅してシリアケージを覗いてみると、産卵木の木口周辺に大量の木屑が堆積しているのを発見した。今朝は寝坊したので、ケージ内の様子をチェックしていないが、昨晩は全くこのようにはなっていなかったので、28日深夜〜今早朝にかけて掘削されたものであろう。

 それにしても凄い量だ。前にも坑道の掘りカスと思しき木屑が産卵木周辺に堆積していたことがあるが、これ程派手ではなかった。タイミング的に、先日交尾していた♀が、木口から材を縦断するように坑道を掘っていると推察される。これは、かなり期待しても良いのではなかろうか? 中々に入手困難な、シリア・ラタキア産だけに、沢山産んでくれていることを祈るばかりである。

 産卵木は、コクワのような小型種の場合は2ヶ月程度放置しておくこともあるが、基本的にはセットしてから1ヶ月を目安に取り出して、新しいものと交換するようにしている。取り出した材は、虫の種類によって更に1〜2ヶ月程寝かせてから割り出すというのが、いつものパターンである。
 フランス産やトルコ産は、それ程激しく材を齧ったりはしていなかったので、ユーロオオクワはコクワのように、ある程度セット時間を長目に考えておいた方が良いかとこれまで思っていた。しかし、シリア産のこの齧りっぷりからすると、ぼちぼち取り出しの頃合と言えそうだ。このままでは材をボロボロにされかねない勢いである。あと数日様子を見て、年が明けたら材を新しいものと交換しようと思う。
 実際にどれだけ産んでいるかは、割り出しをしてみないことには何とも言えないが、ひょっとしたら、坑道を掘り易い、柔らか目の材が適しているのかも知れない。マットの中でも激しくトンネルを掘っていた事から考えても、ユーロオオクワは坑道を掘って産卵するタイプのクワガタなのではないかという気がしてくる。

 昨日、柔らか目の材をセットし直した、トルコ産とフランス産が、激しく坑道を穿ち、それなりの数の幼虫を得る結果となったら、以後ユーロオオクワには柔らか目の材を用いることとしよう。

シリア産INDEXへ