2004.12.30(木) 晴 最高気温:℃ 最低気温:℃
■貫通
 坑道の掘りっぷりが気になったので、今朝、起きると共にケージを覗いてみると、珍しく朝だというのにユーロオオクワ♂が産卵木の上で佇んでいた。シリア産は明るい内から動き出すことが多いが、それでも大抵は午後になってからであり、この時間に表に出ているのを見るのは初めてであろうと思う。

 この♂は産卵木のほぼ中央部分にとまって、頭を上下させるという動きを続けていたので、何をしているのかと思い、良くみてみると、下の方にももう一匹ユーロオオクワがいるのが見えた。しかし、何故か頭しか見えない。頭の位置は、材の地表露出部分のほぼ真ん中辺であるから、体がマットの中に隠れているという訳ではない。かと言って、モゲた頭がぶらさがっている訳でもなく、ちゃんと生きているようだ。
 不審に思い、更に近付いて良く見てみると、材に穿たれた穴から頭だけ出しているということが分かった。上にいる♂が、この穴から中に侵入するのを防ごうと奮闘中のようであった。
 この穴、恐らくは一昨日、木口から掘削が開始された横穴の続きであろう。つまり、2日かけて、ユーロオオクワは材を貫通する坑道を掘り抜いたということだ。

 改めてケージ内を見渡してみると、材の反対側の木口付近のマットもモゾモゾと動いている。中でユーロオオクワが蠢いているようだ。♂は2匹とも材に穿たれた穴の入口を巡って戦闘中だから、ここで何かしているのは♀ということになる。今度はこちら側から坑道を掘削するつもりだろうか? まだまだ産む気満々なのかも知れない。だとすると、早めに新しい材と交換しておくべきであろうか? 今日の内に新しい材に加水を済ませ、明日セットするかどうか、ちょっと考えてみるとしよう。

シリア産INDEXへ