2005.01.01(土) 晴 最高気温:℃ 最低気温:℃
■産卵木交換
 日に日に坑道が拡張され、ボロボロになりかけている産卵木を今日、取り出すことにした。セットしてから約1ヶ月と、頃合も丁度良い。ただ、先月25日に交尾を確認しているし、昨日あたりの齧りっぷりからすると、まだまだ産みそうに思われたので、代りとなる新しい材もセットすることとした。

 取り出した材を見てみると、裏面(マットに埋没していた面)は大きく2ケ所を激しく齧られ、その底からはそれぞれ縦坑が穿たれていた。また、木口からは先日開通した横坑が穿たれており、良くみると、その途中に2つの楕円形の部屋が構築され、手前の部屋に1♂、奥の部屋に1♀が潜んでいた。これらの坑道や部屋といった空洞が内部に存在するため、元々柔らか目だった材は、かなり脆くなっており、強く握れば崩れてしまいそうな状態になっていた。
 内部に潜んでいる2匹を取り出すために、横坑の天井部分の一部をピンセットで崩そうした所、少し力を入れて摘みあげただけで天井を剥がすことができた。こうして作った隙間からピンセットを差し込み、ユーロオオクワを引き出そうと少しこじると、材がまっぷたつに割れてしまった。
 とりあえず1♂1♀のユーロオオクワをつまみ出し、ケージ内に放した後に、断面を観察してみると、内部に堆積した木屑の奥に卵らしきものがちらほら見受けられた。
 余りいじりすぎても、卵をつぶしたり、落したりする恐れがあるので、割れた材を元の形に戻して保管することにする。トルコ産やフランス産の時と同様に、マットを敷いたミニプラケに投入し、水分蒸発防止の為のビニールシートをかまして蓋をした。今月末迄寝かせ、幼虫があらかた孵化した頃に割り出すとしよう。

 新しい材は、今迄の材とほぼ同じ固さのもので、径は太目のものにしてみた。これなら多少激しく坑道を掘られても、材が崩れてしまうことにはならないであろうし、クワガタにとっても掘り甲斐があるのではないだろうか?
 材を交換して暫くすると、マットの中から1♀が現れ、新しい材に登ったり、周辺をグルグルと回ったりしはじめた。材の品定めをしているのであろうか? この材を気に入って、また産卵してくれれば何よりである。

シリア産INDEXへ