2005.01.02(日) 晴 最高気温:℃ 最低気温:℃
■また交尾
 12月25日のように、今日も日中からユーロオオクワの活動が活発で、何匹かが終始ケージ内を徘徊していた。
 夜8時過ぎ、夕食の際にふとケージを見てみると、ガラス面の所で2匹のユーロオオクワがもつれあっていた。最初は♂同士が喧嘩でもしているのかと思ったのだが、近付いてみると、マットの窪みに足をとられて転倒した♀の上に、♂が大顎を載せて押さえつけている所であった。

 やがて♀が体勢を立て直し、歩き始めると、♂は♀を追い、追い付くと再び大顎で♀を押さえ込むような行動を繰り返していた。
 食事が運ばれてきたので観察を一旦中止し、食後に再び覗いてみると先程と同じ場所で、♂♀が尻をくっつけて交尾している最中であった。
 前回は交尾が終るまで、動かずにじっとしていたのだが、今回は良くみるとエサ皿の縁に沿って、ちょっとづつ動きながら交尾をしていた。どうも♀が動くので、それに♂が追随しようとする結果、ちびちびと移動することになってしまっているようであった。

 昨日、産卵木を交換しておいて正解だったかも知れない。ユーロオオクワ達はまだまだ産む気マンマンのようだ。先月25日に交尾をしていた個体も、まだまだ全ての卵を産みきった訳ではないだろうし、今日交尾した♀とを併せ、コクワあたりの例から類推すると、まだかなりの数の卵を期待できそうである。

 それにしても、シリア産は、部屋の照明がついている状態でも、表に出てきて交尾までしてくれ、有り難い限りである。それに比べ、他の産地は、なかなか交尾している所までは見せてくれない。ケージ内を徘徊している所か、エサを食べている所でも見られれば御の字といった所である。
 やはり、産地や亜種によって、こうした性質の違いみたいものがあるのだろうか? それとも成熟度といった個体差の問題なのだろうか? 同じユーロオオクワとは言え、行動にはかなりの差が見られ、興味が尽きない。

シリア産INDEXへ