2005.01.19(水) 晴 最高気温:℃ 最低気温:℃
■卵確認!
 本日行ったフランス産の割り出しが空振りに終ったので、先日取り出して保管中のシリア産の材をチェックしてみることにした。
 この材は、ケージから取り出して保管する際、材の中に潜り込んでいたユーロオオクワを取り出そうとして、真っ二つに割れてしまっているので、その断面を観察することができるのだ。取り出した時に、ユーロオオクワが坑道を掘るのに伴って蓄積された削りカスの奥に卵らしい物が見えていたので期待大である。

 スプーンやピンセットで削りカスを丁寧に取り除いて卵の姿を探す。やがて、材とほぼ同じ色をした丸い卵が姿を現した。とりあえずこちらはちゃんと産んでくれているようだ。

 この材は、中に潜り込んだユーロオオクワを取り出そうとして、材が真っ二つになってしまった事からも分かるように、空振りに終ったトルコ産やフランス産に用いたものよりも柔らかい肉質の材である。やはりユーロオオクワには柔らか目の材の方が適しているのであろうか? 現時点ではそのように思えてならない。

 一通り削りカスを取り除いてみたが、確認できたのは、その一卵だけであった。セットから取り出した際は、更に幾つかの「卵らしきもの」が見えたので、ひょっとすると既に孵化して、材の中に潜っていったのかも知れない。割り出すにはまだ早いので、もう半月ばかり様子をみて、幼虫回収に臨みたいと思う。
 削りカスを元通りに戻し、再びミニプラケに材を仕舞って確認終了とした。

シリア産INDEXへ