2005.01.29(土) 曇後晴
■今日も交尾
 ガラス面の結露が酷いので、ちょっと拭き取ってやろうかと、ケージに近付いてみた所、♂が懸命に♀を追い掛けている所であった。今日はどうなるかと見守っていると、♀が突然歩くのをやめ、♂がその上に馬乗りになった。どうやら交尾を始めるらしい。
 やがて♂が交尾器を伸ばしながら一旦♀から居り、尻と尻をつけ、♀とV字型になって交尾が始まった。

 前回は、じわじわ動きながら交尾をしていたが、今日はその場からじっと動かずにいる。約20分程交尾を続け、♂が♀から体を離して終了となった。また、前回は交尾を終えると、すぐさま♂♀が散り散りとなったが、今回は♀がマットの中に姿を消すまで、♂が♀にまとわりついていたのが印象的であった。

 ♀は一旦姿を消した後、10分程で再びマットの中から現れて、産卵木の上や周囲を徘徊しはじめた。♂は相変わらずケージ内をウロウロしているし、もう一匹の♂も時折姿を現している。
 これまで観察をしてきた所、シリア産ユーロオオクワは比較的頻繁に姿を見せるのであるが、それでも同時に姿を見せるのは1〜2匹である。今日のように3匹以上が姿を見せることは、それほど頻繁ではないのであるが、どうも交尾はこのような、「特に活発に活動する日」に限って行われるようである。1〜2匹がちょろっと姿を現す程度の日に交尾をしている所を見かけたことはないし、そのような時は、そもそも♂が♀を追い掛けるようなことはせず、ケージ内で♂と♀が顔を合わせても、そのまま行き違うばかりだ。

シリア産INDEXへ