2005.02.16(水) 
■♀同士の争い
 今日もシリア産ケージには複数のユーロオオクワの影が蠢いていた。
 ケージの片隅で、2匹が団子になっていたので、また交尾でもしているのかと近付いてみると、なんと団子になっているのは2匹とも♀であった。単にケージ内ではちあわせたという訳ではないようで、小さい方の♀が大きい方の♀をさかんに追い掛けまわしており、追う方の♀は大顎を目一杯開いて、明らかに怒っているように見えた。また、追う方の♀は、相手に追い付くとオレンジ色のブラシ状の口器を伸ばす仕種を見せている。これも怒りの現れなのであろうか? それとも食い殺そうとしているのか?

 国産オオクワの♀も産卵前後は、タンパク質の補充の為、♀に限らずに他の個体を襲い、体液を吸う習性があると聞くので、ひょっとすると彼女もそのような行為に及ぼうとしているのかも知れない。これは暫く別居させるか、もっとタンパク質の豊富なエサを与えるべきなのかも知れない。
 これまで飼育してきたクワガタは、昨年採集した国産ノコを除けば、全てドルクス属のクワガタなのであるが、こうした♀同士の争いを見たことはなく、今日の出来事は少々はっとさせられた。

シリア産INDEXへ