2005.02.27(日) 
■カワラ材投入&交尾
 現在セット中の産卵木が、そろそろセットから2ヶ月が経過しようとしているので、新しいものに交換することにした。トルコ産の例からすると、2ヶ月時点で割り出すのはやや時期尚早なようで、2ヶ月半〜3ヶ月程度待った方が、確実に幼虫が孵化しているように思われる。従ってこの材もあと1ヶ月程度寝かせておこうかと思う。

 さて、材を取出してチェックしてみると、今回も結構齧ってくれているようだ。
 写真上左は木口の様子だが、中心部のやや固い芯の部分(と言っても、そこそこ柔らかいが)の外縁に沿って、幾つもの産卵痕が取り囲むように刻まれている。
 写真上右は材の側面に穿たれた坑道である。これ以外にも浅目の穴が幾つか穿たれているので、かなり産んでくれているのではないかと期待が膨らむ。


 新しくセットする材は、従来通りの柔らか目のコナラ材に加え、昨日購入したクヌギのカワラ材も投入することにした。巷では通常のコナラやクヌギ材よりも「良く産む」と言われており、他のユーロオオクワブリーダーの方もカワラ材で良い結果が得られたとおっしゃっておられたので、私も試してみることにしたのだ。

 左の写真がそのカワラ材である。その名の通り、表面にはカワラタケが生えており、材の中にもカワラタケ菌糸がまわっているものと思われる。材の肉質は柔らか目で、木口を爪で押すと難無く跡がつく程度で、なかなか良い感じだ。物は試しということで、3本しか買ってこなかったのだが、もうちょっと買っておいても良かったかなと思う。

 再セット後のケージの様子。2本ある材の内、上がカワラ材で、下がコナラ材である。
 例によって、表皮とオレンジ色の部分を削ぎ取ってセットしてある。この方法だと材の表面にカビが激しく発生することになるのであるが、クワガタが材を齧り始めると不思議とカビの発生が抑制されるので、見た目でクワガタが材を齧っているか否かを判断できるという利点もある。

 セット後、早速♀が新しい材の上を闊歩していた。様子見をしているのであろうか? カワラ材とコナラ材、どちらを好むのか、これから注視していきたいと思う。

 数時間後に覗いてみると、今日も1ペアが元気に交尾をしていた。全くお盛んなことである。

 交尾や産卵はクワガタにとってかなり体力を消耗する行為であるそうだが、シリア産ユーロオオクワはかなりのペースでこれらの行為に及んでいるので、そろそろ彼等の寿命が心配になってきた。
 成虫寿命は1〜2年程度であるそうなので、あと半年位は持つだろうか?

 今回の交尾フォームもV字型であった。本日、埼玉県産コクワも交尾をしていたが、こちらは♀の上に♂が乗る形で交尾器を差し込んでいた。先日目撃したムシモンオオクワガタもコクワと同じスタイルであった。コクワはともかくとして、ムシモンはユーロオオクワとかなり近い種類のクワガタであると思われるが、交尾のスタイルに違いがあるのは興味深い。

シリア産INDEXへ