2005.03.06(日) 
■1♀選別
 トルコ産の産卵木を再々セットするにあたり、1♀を選別して、別個に産卵セットを組み、これを簡易温室にて管理することにした(トルコ産2005.03.06参照)。これに合わせてシリア産からも1♀を選別し、同じ環境下に置いてみることにした。

 トルコ産と異なり、シリア産は現状でもそこそこ卵は産んでくれているようで、♀を探すために、先日セットした内のコナラ材の方をケージから取り出してみた所、マットに埋没させてある部分に齧られた跡を見い出すことができた。コナラ材の下にて1♀を発見したので、カワラ材を取り出して様子を見ること迄はしなかったが、このままでもそれなりに材を齧り、卵を産んでくれそうな気配ではあった。
 しかし、折角2ペアいるので、試しに1♀は、「より暗く、静かな環境」にて、産卵に励んでもらうことにした。
 これが吉と出るか、凶と出るかは分からないが、まあ、一般的な方法ではあるし、気温や照度も現状よりは明らかに安定する筈なので、この方法でもそれなりに産んでくれるのではないかと期待している。

シリア産INDEXへ