2005.03.13(日) 
■エサ皿にへばりつき
 飼育ケージの残した方の♀が、今日は一日中エサ皿の縁にへばりついていた。トルコ産♀やイタリア産♂に同じような行動が見られたが、シリア産ユーロオオクワがこのような行動を採ったのを見たのははじめてである。

 トルコ産♀の場合は、やはり産卵をしていたものと思われる。と、いうのも、唯一回収できた幼虫がいたのは、♀がへばりついていた木口に近い部位の破片だったからである。と、すると、このシリア産♀はエサ皿に産むつもりなのだろうか?
 現在ケージ内にはコナラ材とクヌギのカワラ材の2本が入っている。この状況下でほぼ生木状態のエサ皿を選ぶものだろうかという気もするが、海外サイトで紹介されているユーロオオクワの生態を読むと、生木に近い固い材に産む場合もあるそうである。

 産むつもりかどうかは別として、彼女がエサ皿の縁に執着しているのは確かである。ここに卵を産むつもりがないとすれば、一体何が彼女をこの場にへばりつかせているのであろうか?

シリア産INDEXへ