2005.04.24(日) 
■幼虫回収!
 年度末&年度始めの忙しさにかまけて、セット&取り出したままにしていた産卵木が増え、ただでさえ限られている虫スペースを圧迫しはじめてきたので、意を決して纏めて割り出すことにした。

 まずは先月割り出して保存していた割りカスの最終チェックを行う。小型のコンテナボックスにて保管していたので、割りカスはブロック状に固まっていた。ユーロオオクワの初齢幼虫は小さく、トルコ産の例からすると、ちょっとした厚みのある破片であれば中に潜んでいる可能性があるので、初齢幼虫が隠れられそうな破片を片っ端からチェックしていった。
 2時間程かけて全ての破片をチェックした結果は何と0。材をセットから取り出した際に、穿たれた穴の奥に卵が見えていたものもあったので、その卵は無精卵だったということであろうか? しかし、交尾を済ませている♀が無精卵を産むものだろうか? 謎だ。

 次に2月の末にクヌギのカワラ材と一緒にセットしたコナラ材を暴くことにする。予想に反してカワラ材よりこちらの方が齧られた跡が多かったので、カワラ材の方は今暫くセットしておく事にする。
 ざっくり割ってみた所、卵を一つ回収するに留まった。やはり2ヶ月で割り出しはちょっと早かったのだろうか? 卵は濡れティッシュを敷いたプリンカップに保存し、材の方は余り細かく割らずに、もう一月程保管することとした。


 次に他の産地の割りカス&保管中の材に取りかかろうと思ったのだが、その前に簡易温室にて管理中の材の様子を見てみることとした。

 シリア産の容器を取り上げてみた所、マットの底の方に何やら幼虫の食痕のようなものがあるではないか。目を凝らして奥の方を見てみると、何かが動いている。幼虫だ!

 簡易温室で管理していた為だと思うが、セットからまだ2ヶ月経過していないにも関わらず、こちらは既に孵化していた。しかも生まれたばかりという感じでもないので、1〜2週間程前には孵化していたように思われる。

 とりあえず材とマットを一旦外に出して、マットを念入りにチェックしていった所、4匹の幼虫を得ることができた。マットに産卵したのかとも思ったが、材を見てみると、表面に食痕らしきものが認められるので、恐らくは材からこぼれ落ちたのであろう。

 こうなると材の方もチェックしない訳にはいかない。芯が殆どない材を用いているので、手でも簡単に割れそうなのだが、勢い余って幼虫を潰してしまっても可哀想であるから、ドライバーを用いて大まかに四等分してみた。で、断面を見てみると...いるはいるは。小さな初齢幼虫とその食痕がそこかしこに認められた。

 既にマットから4匹を回収しているのだが、この食痕の走り具合からするとかなりの数の幼虫がいそうである。せいぜい10匹位だろうと思い、発酵マットを詰めたプリンカップをそれ程用意していなかったので、更に発酵マットを加水し、とりあえず20個の容器を用意した。まあ、余ったら余ったで他に使いまわせるであろう。

 材の割り出しを進め、約半分割り終えた所で、6匹の幼虫を回収するに至った。マットから回収したものと併せて10匹である。材はまだ半分以上割り残している。

 一時間半程かかって、残りの材を全て割り終えたが、こちらからは更に10匹を回収できた。合計20匹である。用意した容器もきっちり使いきった。

 これまで全く幼虫が回収できなかったので、一度に20匹も回収でき、嬉しい限りである。暗く静かで暖かい場所に隔離していたのが功を奏したと思われるが、細かく見てみると、樹種、平均気温、湿度、静寂性等、従来と異なる要素が幾つもあり、どの要素の変更が一番大きな影響を与えたのか気になる所である。
 いずれにせよ、以後はこの方法(これからの季節、加温する必要はなくなるが)で卵を産ませたいと思うが、産む/産まないを分ける要因が何なのか、それとも何をやっても真冬には産まないのか今後も調べを進めてみたいと思う。

シリア産INDEXへ