2005.04.30(土) 
■コナラ材からも幼虫回収!
 明日到着予定の飼育資材用の収納スペースを作るため、物置部屋のクワガタ関連資材コーナーの整理をした際、先日ざっくり割ってみて、一卵のみを回収したコナラ材の割りカスが入った袋を手にとった所、一部の材に食痕が走っているのが見えた。残っていた卵が孵化したか、見落した幼虫がいたかのどちらかであろう。

 部屋の整理を中断し、早速幼虫の回収を試みる。食痕の見えている材をはじめ、一通り割り直してみた所、2匹の幼虫を回収することができた。簡易温室隔離組の成績とは比べるべくもないが、飼育ケージ内に2月の末頃にセットした材からも幼虫を回収できたということは、やはり産む/産まないを決める要因として季節的なものが大きいと考えるべきなのであろうか? それとも単に平均気温や湿度さえ適切なレベルにコントロールしてやれば、真冬であっても産むのであろうか? なんとなく後者のような気がしないでもないが、この辺の検証は今度の冬に改めて実験してみよう。

 さて、割りカスの中に幼虫がいたということは、先日回収した卵も孵化しているのではないだろうか? プリンカップの中に保管しておいた卵を産みつけられた材の小片を見てみると、こちらの表面にも幼虫の齧りカスのようなものが見えたので、ピンセットを使って慎重にこれを避けてみると、孵化してまだ日が浅いと思われる、小さな白い幼虫の姿が現れた(写真右)。これでこのコナラ材からは3匹回収である。

シリア産INDEXへ