2005.05.16(月) 
■♀再隔離
 本日、2月末にセットしたクヌギのカワラ材を改めてみた。同時にセットしたコナラ材からは3匹の幼虫を回収できたので、ちょっと期待していたのだが、どうしたことか余り齧っていない。浅い齧り跡が木口を中心に数カ所認められたので、試しにその部分を中心に軽く割ってみたのだが、幼虫どころか卵一つ見つけることができなかった。

 材質としては同時にセットしたコナラ材や、23匹の幼虫を回収できたクヌギ材と同程度の柔らかさなので、カワラタケ菌がイマイチお気に召さなかったということであろうか? このまま割り続けてみようかとも思ったが、折角のカワラ材であるので、再びQ-BOX10を利用した隔離セットを組んで、もう暫く様子を見てみることにした。
 少なくともシリア産において、居間の飼育ケージ内にセットした材と、隔離セットとでは前者がコナラ、後者がクヌギ材という違いはあれ、同程度の固さの材を用いてもその結果には天地の差が生じた。このカワラ材にも、環境が変われば産んでくれるやも知れない。これでもダメなら、少なくともシリア産ユーロオオクワに対してカワラ材は余り向かないと結論づけることができるだろう。

シリア産INDEXへ