2005.06.19(日) 曇時々晴
■飼育ケージに産卵木投入
 ♀を隔離セットから飼育ケージへと戻したので、飼育ケージにも新しい産卵木を投入した。
 シリア・ラタキア産幼虫は既に23匹回収できているし、隔離セットのクヌギカワラ材からもそれなりに回収できることを考えあわせると、もう十分だろうというか、これ以上増やしてマトモに管理できるのか? という思いもないではない。しかし、かなり珍しい産地であるし、恐らく亜種か変種、更には別種である可能性も有する個体であるので、増やせるだけ増やしておきたいという思いも一方ではある。♀の寿命が尽きるまでに、あとどれ位卵を産むものか分らないが、とりあえず、増やせるだけ増やしてみようと思う。

 材は太目のクヌギ材で、やや柔らか目のものを選択した。コナラ材とクヌギカワラ材との比較では、彼女はコナラ材の方を選んだので、まだストックがそれなりに残っているコナラ材を消費してしまおうかと考えたのであるが、いざ選ぼうと箱をあけてみた所、細目の材しか残っていなかった。
 シリア産の場合、他の産地よりも材に潜って坑道を穿ちながら産卵する傾向が強いので、細目の材よりは太目のものの方がモアベターである。従って今回は樹種よりは太さに比重を置いて材の選定をしてみた。

 材をセットするついでに成虫を取出し、様子を見てみる。♂♀共にフセツや触覚の欠けも無く、まだまだ元気そうであった。♂の顎先がやや摩耗していたが、♀の方はそれ程でもないので、この程度の材であれば、坑道を穿ちつつ産卵することは十分可能なように思われる。

シリア産INDEXへ