2005.07.02(土) 
■幼虫エサ交換
 エサのマットがカスカスになってきたものが目立ってきたので、幼虫の状態チェックを兼ねてエサ交換を行った。

 まず、幼虫の入ったプリンカップを良く見てみると、写真左の上段のもののように、まだマットが封入時の原形を留めているものと、下段のもののように粒子が細かく、カスカスになっているものとがある。後者は勿論、幼虫がエサとしてマットを摂取した結果であるが、前者は不幸にして、早々に死亡してしまったことの証となる。稀に、プリンカップの中の方で余り動き回らずに過ごし、壁面の方には出てこない者もいるので、最終的な判断は実際にマットをほぐして検分する必要があるが、数カ月経過して前者のような状態であれば、かなりの確率でその幼虫は既に死んでしまっている。
 今回、シリア産幼虫23匹を改めた所、写真左上段のような状態のプリンカップが4個見受けられた。いずれも幼虫の死体すら見受けられなかったので、相当早い時期に死亡してしまったと考えられる。

 残りの19匹は順調に成長しており、皆3齢となっていた。中にはかなり大きくなっている個体や、体色が黄色味がかってきている個体もおり、今後が楽しみである。
 一方で、今回は一つだけ反省する点がある。23匹中の3匹は4/30にコナラ材から回収した幼虫達であるが、これと4/24に隔離セットのクヌギ材から回収した個体とが、作業途中でごっちゃになってしまい、どれがどれだか分らなくなってしまった。日付ラベルを確認せずに、とある3つのカップを4/30の分だと思い込んでいたのが原因なのだが、これではラベルを貼付した意味が全く無い。それ程大きな問題にはならないが、以後気をつけたいと思う。

シリア産INDEXへ