2005.07.20(水) 
■シリア産も蛹化準備開始
 7月に入って、各産地共に蛹化ラッシュが続いているが、シリア産幼虫の一部も遂に蛹化の兆しを見せはじめた。

 今日の時点では、19匹中2匹が蛹室を作っている最中という状況であるが、部屋はほぼ完成しているようなので、近日中には前蛹状態になるものと思われる。
 蛹室の造成風景を眺めていると、これまで、尻から糞や体液を放出して壁面を塗り固めているのかと思っていたのであるが、どうも掘削するのと同時に口から液体を出しながら塗り固めているようにも見える。近くに寄ると作業を止めてしまうので、中々決定的な瞬間を捕らえることはできないのだが、機会があれば、どうやって蛹室壁面を固めているのか、じっくり観察してみたいものである。

 さて、シリア産幼虫は他の産地の個体と比べると全体的に発育が良く、蛹室を作りかけている2匹も既に蛹化したトルコ産の個体と比べてみても、体格は良いように思う。写真下段の容器の個体もトルコ産の幼虫と比べると一回り程度大きいのだが、上段の容器の個体はこれよりも更に大きい。
 容器は同じ120ccのカップであるが、こちらは今月初頭に一度エサを交換しているので、これが効いているのかも知れない。

シリア産INDEXへ