2005.08.08(月) 
■1♂1♀羽化!
 昨日に引き続き、シリア産1♂1♀が羽化した。
 体が固まったら、昨日今日で羽化したこの3匹を組にして、累代を試みようと思う。そして、一方の♀から生まれた幼虫はマット飼育、もう一方は菌糸飼育に振り分けてみようと考えている。

 最初から菌糸で育ったスロバキア・ニタラ産やイタリア・チェゼーナ産の個体には、マット飼育のオーストリア産やチェコ・フルボッカ産の個体よりも明らかに大きく育ったものが出てきている。勿論、小さい個体もいるのであるが、アベレージとしては、菌糸飼育の方が大きくなるのではないかというのが、これまでの所での感触である。
 しかし、このシリア産のように、マット飼育であってもそこそこの大きさになる場合もあるので、やり方によっては大型個体を狙えない訳ではないようにも思う。次代の幼虫を用いて、この辺りの実験も試みてみたい。

シリア産INDEXへ